当団体について

設立目的

一般社団法人日本実業団陸上競技連合(以下、連合という)は、地域実業団陸上競技連盟(以下、加盟連盟という)を統轄し、企業・団体内における陸上競技の振興と、相互の交流をはかるとともに、国際的な競技会で活躍できる選手の育成・強化を通じて、わが国の陸上競技界の発展に寄与することを目的としています。

連合は目的達成のために次の事業を行います。

  1. 主宰大会の開催、統括
  2. 内外陸上競技大会等への代表参加者の選定、および派遣
  3. 選手の育成・強化ならびに指導者の養成に関わる一切の事項
  4. 実業団陸上競技の振興ならびに陸上競技の普及浸透に関わる一切の事項
  5. その他本連合の目的に適合する一切の事業

これらの事業を円滑に遂行するため、加盟連盟との連絡協調をはかるとともに(財)日本陸上競技連盟(以下、陸連という)及び他の競技団体と密接な連携を行います。

ごあいさつ

nishikawa

一般社団法人 日本実業団陸上競技連合
会 長  西川 晃一郎

日本実業団陸上競技連合のインターネットサイトを訪問していただきありがとうございます。

日本実業団陸上競技連合は1964年東京オリンピックをひかえた1957年に世界で戦える競技者を育成、強化することを大きな目的として当時の経済界が主導して結成されました。 2020年東京オリンピックをひかえた現在もその実業団陸上創設の思いは脈々とうけつがれています。

今回、新たに更新された実業団陸上のインターネットサイトが実業団陸上創設の志を高く掲げ、実業団陸上に関心を持たれる全ての方に対して私達の活動と陸上競技の持つ素晴らしい価値をお伝えする場となるとともに実業団陸上の全ての関係者にとっても情報共有と活動効率化の有力な手段となることを目指しております。

これからも実業団陸上の活動に対する皆様の暖かいご支援とご協力をお願い申しあげます。

役員

準備中

委員会

準備中

▲このページの先頭に戻る